CAD/CAM

加工のブレーンの役割を果たす、CAD/CAM

高精度なアルミ加工を実現するために、欠かせないのがCAD/CAMです。
製品形状や顧客要求事項等から、最適な加工方法を生み出していきます。
例えば、薄いリブ加工の場合、工具選定や加工条件を見直し、作業効率優先の加工方法でプログラムを作成します。一方、深い掘り込み加工場合、切り屑の排出性までも考慮し、コーナー部の食い込みを防ぐ加工方法でプログラムを作成します。
それができるのも、当社のCAD/CAM担当者の半分は現場経験者でもあるため、加工に関する知見が深く、正確なCAD/CAMのプログラムを作成できます。
当社では、時として他には見ないような複雑形状で高精度なアルミ加工のご依頼を頂くことがあります。そのような時は、営業担当と共にお客様先で加工内容のお打合せをすることもあります。
お客様が求める製品を実現するために、営業、CAD/CAM担当、加工技術者が一丸となり、取り組んでいきます。

受入れフォーマット一覧

対応可能なCAD/CAMのフォーマットは下記の通りです。

※( )は拡張子です。

・AutoCAD (DWG)
・DXF (dxf)
・IGES (iges igs)
・Parasolid (x_t X_b)
・Solid Works (sldprt)
・STEP (step stp)
・STL (stl)
・CATIA-V4 (model)
・CATIA-V5 (catpart)